Twitter、嫌がらせツイート/アカウント対策を発表ーーセーフサーチなど

自由と責任は表裏一体。その「責任」を放棄し「自由」を自分勝手に解釈して他人への嫌がらせを行う人がTwitterでは少なくない。

Twitterが公式ブログにて「より安心してご利用いただくために(現在の状況)」を公開し、嫌がらせアカウントや誹謗中傷ツイートの対策を新たに3つ実施することを発表した。

Twitterの嫌がらせアカウント/ツイート対策の内容

その対策とは以下の通り:

嫌がらせアカウント作成の抑止

1つ目は、アカウントを永久的に停止された人がまた新たにアカウントを作成することを阻止するために識別することができるようになったこと。

これによって一度追放された人がまた新たに罵倒用アカウントを作ることが難しくなる。

セーフサーチ

検索結果からセンシティブなコンテンツやブロックしたアカウントからのツイートを外す「セーフサーチ」機能が提供される。

不愉快なコンテンツや見たくないアカウントからのツイートが検索結果で表示されなくなり、目に触れずに済む。

嫌がらせと思われるツイートや質の低いツイートへの対処

「嫌がらせ」とシステマチックに認識されたツイートや質の低い返信ツイートを識別することが可能になり、それらの表示が抑えられるようになる。また、関連度の高い会話が目につくところに表示される機能にも着手しているとのこと。

表示を抑えたツイートは自分で見たい時に見ることができることもできる。この機能は今後数週間のうちに順次提供される予定。