Twitter、会話のスレッドを始めた人を表示するラベルをテスト中

Marten bjork 658221 unsplash

タイムライン上で議論が白熱し、様々な人がリプライを飛ばし合う会話があると、大元のツイートが分からなくなるときがある。

Twitterが会話のスレッドを始めた人を表示するマークをテストしていることがわかった。TechCrunchに対し、ごく一部のiOSおよびAndroidユーザーを対象として実験していることを認めている。

スレッド開始者には「Original Tweeter」の表示

実際にテストの対象者となっているユーザーによると、大元のツイートのアカウント名の下に「Original Tweeter(ツイート主)」と書かれたラベルが表示されていることが確認できる。

この機能を提供することにより、偽アカウントを見分ける手段としても活用できると考えられる。

例えば先日話題になったZOZOの前澤さんのお年玉企画では偽アカウントが乱立。スレッドを開始したアカウントが確認できれば、本物と偽物を区別する要因の1つになり得る。

Twitterは画面上で会話が見やすくするなるUIを研究している。過去にはカラフルな会話のスレッド表示も検討されていた。

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索