Twitterに最大2,500文字が”投稿”可能に。ブログ機能「Notes」を発表

一部ユーザーを対象にテスト開始、正式リリース時期などは不明

Twitter Notes coming soon

Twitterは6月23日、長文をブログ記事のような形で投稿できる新機能「Twitter Notes」を発表した。現在は米国、英国、ガーナの一部ユーザーを対象にテストを行っており、一般公開の時期は不明だ。

Notesでは、最大100文字のタイトルと最大2,500文字の文章を作成できる。UIはnoteにそっくり。写真、動画、ツイート、GIFアニメを挿入でき、太字、イタリック、打ち消し線、箇条書きなどが利用できる。


Twitterにシェアする場合、上からアイキャッチ画像、ユーザー名、タイトルの順にまとめられたカードが表示される。ユーザーはタップすれば記事を閲覧できるが、国内では公開されているNotesリンクをタップすると「このページは存在しません。他のページを検索してみましょう」と表示される。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年06月23日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:628322)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:628321)
    こんにちは。 多分誤字だと思うんですが、記事冒頭の Twitter が Twtiter になっているようです。

    完全に誤字ですねw ご指摘ありがとうございます!修正しました!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:628321)

    こんにちは。
    多分誤字だと思うんですが、記事冒頭の Twitter が Twtiter になっているようです。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索