「AutoDraw」はAIの力で落書きをちゃんとしたイラストに変換してくれる

AutoDraw

絵心がない人をAIの力でサポートしてくれるサービスが登場!

Googleが発表した「AutoDraw」は機械学習アルゴリズムを活用し、自分の描いた落書きをちゃんとしたイラストに変換してくれるウェブサービス。スマートフォンでもデスクトップでも利用することができる。もちろん、無料で。

使い方はものすごく簡単。自分の描きたいと思っているイラストを精一杯描いているとAutoDrawが何を描こうとしているのかを予測し、候補となるイラストを表示してくれる。クリックすれば先ほどまで描いていた自分の素人作品が途端にプロ作品に変換される!

色の塗りつぶし、テキストの入力、イラストの拡大縮小はもちろん可能。下記公式動画でその様子がよく分かるのでご覧あれ!


実際に「AutoDraw」機能を使ってみたら感動した

早速僕もAutoDrawの「AutoDraw」機能を使ってみた。絵心はないが、下記イラストはなんとなく猫を描きたかったことは分かるだろう。ただ、皆さんに猫だと分かってもらえるのは皆さんが優しいからであって実に不細工な猫であるという自覚はある。
Cat Original

これを描いている途中からAutoDrawの上部には「Do you mean(あなたが描こうとしているのは)」というありがたいリコメンドが表示される。AIに「あなたが描いているのは猫ではない」とやんわり否定されているような気持ちにはなりつつも、ワンクリックで上記猫がこの猫に変わるのは実に最高だ。
Cat New

「猫らしいものを書こうとしている」と判断したGoogleのAIは他にも関連するイラストを提示してくれる。このような美しい猫に仕上げることもできれば、ライオン、終いにはクモやカニ、トランペットまで候補に上がっている。想像力豊かすぎる!
Cat Differennt

プレゼン資料で必要なイラストがある時にこれを使えば自力で用意できるかも?どうぞお試しあれ!

もっと読むウェブまとめ
もっと読むデザインまとめ