「Apple Watch」の電池持ちや新機能など、詳細情報が明らかに

Apple watch digital crown
3月9日のスペシャルイベント「Spring Forward.」を前に、「Apple Watch」に関する新たな情報が明らかになった!


9To5Macが実際に「Apple Watch」に触れたという人物から「Apple Watch」の電池持ちや健康・フィットネス関連機能を中心とした新機能に関する詳細情報を報じていたので、紹介する!

「Apple Watch」の電池持ち

「ハードユースで5時間」の利用に耐えうる駆動時間

発表された当初、「Apple Watch」の電池持ちはどうあがいても1日持たないという雰囲気が漂っていた。Tim Cook氏も何度も「毎晩充電することになるだろう」と述べ、9To5Mac連続駆動時間は24時間を下回る可能性が高いと伝えていた。


プロセッサーに負担を掛けるゲームプレイなどを行った場合、2.5時間しか持たないという情報もあったが、最新の情報によるとハードユースでも5時間まで使い続けられるよう、改善されたと伝えられている。

ただし、電池持ちが改善されたからと言っても充電せずに2日間使うことは不可能。Cook氏が何度も言っている通り、毎晩充電しなければならないということには変わりないようだ。

「Power Reserve」モード

applewatchbattery.png
「Apple Watch」の電池持ちを支える機能として先日、「Power Reserve」モードを搭載することが明らかになった。


確認する方法は2つ。いつでもチェックできる「Battery Glance」で確認するか、設定アプリの中で確認するか。「Battery Glance」という機能は電池残量、最後の充電から経過した時間、そして「Power Reserve」モードのオン・オフを切り替えることができるとのこと。

iPhoneの場合、電池が20%を切るとポップアップが表示されるが、「Apple Watch」の場合は電池残量メーターがオレンジ色に変わり、10%を切ると赤色になるとのこと。

なお、常にiPhoneと同期して使用する「Apple Watch」だが、iPhoneの電池を劇的に消耗するような印象はなかったとのこと。

「Heart Rate Glance」

Apple-Watch-Waterproof.jpg
まだ発表されていない新機能として「Heart Rate Glance」という機能が用意されている。

これは搭載されている心拍計を利用し、いつでもどこでも心拍数を確認できるという機能。実際に使用した人物によると、精度も比較的高い模様。

通知センターと「Glances」

ここまで何度か出てきている「Glance」。これはそもそも一体何かというと、Watchアプリから重要な情報を表示するための補助的な機能である。iPhoneでいうところの通知センターウィジェットのような位置づけだろうか。

「Apple Watch」には上で紹介した心拍数と電池持ち以外にデフォルトで以下の「Glances」が用意されている:

  • フィットネス状態
  • アクティビティ
  • 時計
  • 天気
  • ミュージック
  • クイック設定
  • カレンダー
  • マップ

一方、「Apple Watch」は通知センターも用意されている。アクセス方法はiPhoneやiPadと同じで上から下方向にスワイプすることによって起動。

ミュージックアプリと音楽

当初の発表にもあった通り、「Apple Watch」にはストレージが用意されるとのこと。ストレージ容量は全モデル共通して8GBとなっているようだ。

音楽の転送はiPhoneの専用アプリを通じて行う。Bluetoothにも対応しているので、対応スピーカーやヘッドホンにワイヤレスで飛ばすこともできる。

iPhone専用アプリ「Companion」

apple-watch-companion.png
iPhoneの専用アプリ「Companion」は各設定や音楽を転送する他、ホーム画面のアイコンを並び替えることもできる

もちろん、「Apple Watch」からでもこの操作は可能。iPhoneやiPadと同じくアイコンを長押し、並び替えるようだ。

アプリのインストール方法としては、あくまでもiPhoneアプリの補助的な位置付けとしてWatchアプリが存在するため、Watchアプリを持つiPhoneアプリをダウンロードすることによって「Apple Watch」に自動的にインストールされるとのこと。アプリをアンインストールする場合は「Companion」アプリから可能。

「Apple Watch」の操作や使い勝手について

動作は快適、Watchアプリ200本以上で遅くなる

「Apple Watch」の動作は滑らかではあるものの、アプリ数が増えれば増えるほど遅くなる模様。今のところ、200本以上で明確で動作が重くなっていることを体感できるそうだ。

「Force Touch」の評価も非常に高く、ディスプレイについても「今まで見たスマートウォッチのディスプレイの中で最も美しい」とのこと。

電源を切る方法

Apple-Watch-force-touch.jpeg
電池がないときに使用する必殺技、それは端末の電源オフ。では「Apple Watch」はどのように電源を切るのだろうか。

「Apple Watch」はデジタルクラウンの隣にある「コミュニケーションボタン」の長押しでiPhoneでお馴染みのスライダーが画面上に表示され、スワイプすると電源が落ちる仕様になっているそうだ。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法