「Apple Watch」用バッテリー内蔵型バンド「Reserve Strap」が登場

Reserve strap for Apple Watch
「Appe Watch」が毎晩の充電を必要としていることには変わりないが、当初言われていたハードユースで2.5時間だったのが5時間に増えていることを考えると、Appleも電池持ち改善に全力を注いだようだ。


ただ、とは言え毎晩ハードユースで5時間とは少々不安が残る。電池持ちは長ければ長い方が良い。

Apple Watch」の心許ないバッテリーをパワーアップさせるアクセサリーとして、「Apple Watch」用バッテリー内蔵型バンド「Reserve Strap」が登場した!これがあればハードに使っていても肝心な時間が確認できなくなることはないはず!

「Apple Watch」の電池持ちを最大125%増やす

「Reserve Strap」はまだ初期段階のプロトタイプではあるものの、発表されたら確実に需要のある「Apple Watch」アクセサリーだ。

「Apple Watch」のMagSafe式の充電方法を利用し、本体をバッテリーが内臓されたバンドに接続し、充電する仕組みだ。正確な数値が現時点では無いが、電池持ちが最大125%も増える予定。間違いなく2日間使い続けることができるだろう。

Reserve strap for Apple Watch
このようにバンド部分に電池が内臓される仕組みのようだ。電池持ちが増えるのは非常に有り難いが、防水性はどうなのだろうか。万が一ストラップがちぎれてしまった場合の安全性なども気になるところだ。

Reserve strap for Apple Watch
「Reserve Strap」は249ドルで販売中。具体的な発売日は決まっていないが、発売されたら多くの人が買い求めルのではないかと思われる。



(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった