「iOS 8.3」のキーボードはスペースバーが大きく、ピリオドとエンターキーが小さくなった

Ios keyboard
昨日、開発者向けに「iOS 8.3 beta 3」と同時に初のパブリックベータ版「iOS 8.3 Public Beta」が公開された。


アドレス帳に含まれていない人からのメッセージを分別する新機能が用意されていることが明らかになっているが、他にもiOSキーボードのキーサイズが一部変更されていると伝えている!

Safariの検索ボックスで文字入力をする際のキーボードが改善

iPhone 6 Plus」のSafariで何か検索しようとした時に、文字を打ち終わって検索ボックスを見ると「best.wordpress.themes.2015」となっていることが少なくなかった。無意識のうちにピリオドを売ってしまっていたのだ。

もちろん、英語圏の海外iPhoneユーザーはこれについてイライラ全開。「iPhone 6 Plus」ではスペースキーを大きくせずに「Go」ボタンを大きくしたことに腹を立てている模様。


どうやら「iOS 8.3 beta」ではめでたくこの”バグ”を改善したようだ。Safariの検索ボックスやアドレスバーで文字を打つ時に表示されるキーボードのスペースキーが大きくなり、ピリオドとエンターキーが小さくなっていることが明らかになっている。

IOS 8 3 Keyboard 【img via MacRumors

日本人の見慣れたJIS配列のキーボードと違い、US配列のキーボードはスペースキーが大きく、エンターキーが小さい。今回のアップデートでようやく”US仕様”とになったようだ。

なお、僕はまだ「iOS 8.3」を試すことができていないが、気になる、記になる…によると日本語キーボードも同様の措置が取られているとのこと。


(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった