iPadで家の中を操作できるこの豪邸の価格、たったの2,200万ドル!ソーラー発電を利用、プールや映画館付き!

iPad controlled house
僕の使っている電子機器はAppleのものが大半を占める。iPhone、iPad、MacBook ProMac mini…もうApple製品無しの生活には戻れない。

言うまでもなく、最も肌身離さず使っているのは「iPhone 5s」、そしてお風呂のお供である「iPad mini Retina」。今は一人暮らしで程良いサイズの家に住んでいるが、いつかは大きな家に住んでiPhoneやiPadから電気やクーラーを操作出来るようにしたい!

そんな家があったらいいのに、と思ったら、やっぱり存在していた!見るからに豪邸であるこのお家、なんと15台のiPadを使って家の中を操作できるようになっている!

iPadで家を操作!ソーラーエネルギーも使っていてエコ!

この豪邸はEnergous CorpのCEO、Stephen Rizzone氏のもの。その値段、なんと2,200万ドル!さすがCEO、住む家のレベルが違う…。

iPadを使えば家の気温はもちろん、エアコンの操作や窓の開け閉め、セキュリティカメラの確認などができるようになっている。
iPad controlled house
巨大なソーラーパネルで家が必要とする電力の95%を生み出しているようだ!エコだ、素晴らしい!
iPad controlled house
自宅の中には映画を視聴できる専用の部屋があるようだ。映画好きにとっては夢のような空間。
iPad controlled house
絶景を見渡すことができるプールが付いている他、ベットルームは4つ、バスルームは9つ、キッチンは2つあるとのこと。何人で住んでいるんだろう…。
iPad controlled house
これほどの豪邸に住む予定も住める予定も全くないが、僕も将来iPhoneやiPadで色々操作できる家に住みたいな!こういうの、憧れるなあ!

 新しいiPadはApple公式サイトから購入するべし!iPadを比較して好みのモデルをゲット!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア

  • (via Cult Of Mac

    オススメ

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
    2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
    3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
    5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー