Corning、「Gorilla Glass 5」を発表!落下時の耐久性がさらに向上

Corning Gorilla Glass 5
次期iPhoneにこの最新技術が採用されれば本体を落としてもディスプレイが割れづらくなる?!

本日、Corningは「Gorilla Glass」の最新バージョン「Gorilla Glass 5」を発表した

1年間でスマホを3回以上落としたことがある人は85%

注意していても落としてしまうもの、それがスマートフォン。とある調査結果によると、1年間でスマホを3回以上落としたことがある人は85%もいるとのことで、6割以上の人が腰以上肩未満の高さから落としていると報告しているという。

「肩近い高さからスマートフォンを落とす人なんているの?」と思う人もいるかもしれない。今となっては自撮りが当たり前の文化として根付き、見上げるようにスマホを構える人も少なくない。肩どころか、頭より上に構えている人も少なくなく、万が一落としてしまった日にはディスプレイは粉々だろう。

Corning Gorilla Glass 5
従来の「Gorilla Glass 4」では1メートルの高さからの落下実験では80%の割合で画面が割れずに済んだと報告している。「Gorilla Glass 5」では1.6メートルの高さの落下実験で同様の結果を出すことに成功している。競合製品比較しても4倍の強度であるとアピールしている。



気になるのは「Gorilla Glass 5」がApple製品に、具体的には「iPhone 7」に採用されるのかどうか。採用されなかったとしてもディスプレイの強度は今まで以上に強化してもらいたいところだが……!

(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法