Corning、ウェアラブルデバイス向け「Gorilla Glass SR+」を発表

Gorilla Glass SRPlus

サファイアガラス同等の傷付きにくさをゴリラガラスがついに実現!

本日、ゴリラガラスを開発するCorning社はウェアラブルデバイス向けの特殊ガラス「Gorilla Glass SR+」を発表した

将来的に「Apple Watch」にも採用されるのか?!

Corning社が公開しているインフォグラフィックによると、「Gorilla Glass SR+」は「Gorilla Glass 4/5」よりも傷つきにくく、サファイアガラスと同等のレベルを実現。
Gorilla Glass SR Comparison

光透過率はサファイアガラスを大きく引き離し、「Gorilla Glass 4/5」同等のレベルを実現。
Gorilla Glass SR Comparison

薄さに関してもサファイアガラスよりも薄く実現することができている。
Gorilla Glass SR Comparison

このことから、「Gorilla Glass SR+」を採用したウェアラブルは傷つきにくい強度のある見やすいディスプレイを搭載しておきながら本体の重さや大きさに影響を与えないことが魅力だといえる。

現在、「Apple Watch Sport」には「Ion-Xガラス」、「Apple Watch」にはサファイアガラスが採用されている。いかにもAppleが好きそうな要素が詰まっている「Gorilla Glass SR+」なので、将来的に発売される「Apple Watch」モデルに採用される日が来るかもしれない。


(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索