NTTグループ、インターネット上の海賊版サイトに対するブロッキングの実施を発表

LIG h agentkusaridesibaru TP V blocked pakutaso

NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社NTTぷららの3社は23日、インターネット上の海賊版サイトに対するブロッキングの実施を発表した。

サイトブロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置

これらはコンテンツ事業者団体からの要請、ならびに、2018年4月13日に開催された知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議において決定された「インターネット上の海賊版対策に関する進め方について(リンク先はPDF)」にもとづいて決定。

リリース文によると、「サイトブロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置」として、政府が名指しした海賊版3サイト「漫画村」「AniTube! 」「MioMio」に対し、準備が整い次第実施ブロッキングを行うとのこと。

また、政府に対し、「可及的速やかに法制度を整備していただきたい」と要請を出している。

NTTグループがサイトブロッキングに対して方針を明らかにしたが、ケータイ Watchによると、KDDIは「技術運用面、法制面を含め、検討中」とのこと。ソフトバンクは「電気通信にかかわる業界団体などとも連携し、法律や制度、運用方法など、さまざまな観点から実行可能な方策を検討していきたい」とコメントしている。

あわせて読みたい