Anker、最新充電技術「GaNPrime」を発表。100W以上の出力に対応

「“同時”急速充電という、新常識」ーー超高出力、小型化、安全性を追求したAnker最高峰の充電技術

Anker GaNPrime Series 01

Ankerは7月25日、メディア向けに「新テクノロジー&新製品発表会」を開催。新たな独自充電技術「GaNPrime」を発表した。

GaNPrimeとは、100W以上にも対応する超高出力・小型化、安全性を追求し、複数ポートに流動的な電力配分による充電の効率化を実現した新技術だ。

GaNPrimeは、分離配置とPCBA 3Dスタッキングで実現

充電器内部のスペースを無駄なく活用することで、回路構造を最適化する「PCBA 3D スタッキング」、分離配置が可能な制御ICとGaNトランジスタの採用により、超高出力と小型化を実現している。

「PowerIQ 4.0」「Dynamic Power Distribution」「ActiveShield 2.0」

接続された機器を即座に認識し、適した最大スピードで充電する独自技術「PowerIQ」は、「PowerIQ 4.0」に進化。100W以上の超高出力に対応した。

接続された各USB-Cポートで必要な電力を毎秒感知し、必要な電力に合わせて供給電力を調整する「Dynamic Power Distribution」の搭載で、充電の効率化を実現。温度上昇の監視回数が従来の2倍になった「ActiveShield 2.0」の採用で、過度の温度上昇を未然に防ぐ。

AnkerのGaN製品、GaNPrimeでさらなる進化

Ankerは、充電ニーズの多様化を背景に、Ankerは2018年11月、GaN(窒化ガリウム)技術を世界に先駆けて採用。2021年5月には電源ICと回路設計を改良し、高い安全基準を満たしながらも更なる小型化を可能にする技術「Anker GaN II」を発表している。

Anker新テクノロジー&新製品発表会

9本の記事を表示する
関連キーワード
公開情報
更新日2022年07月26日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索