Ankerから世界初のGaN搭載ポータブル電源。気合い入りすぎてキャリーケース型に

重さは約28kg。「767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh)」を発表

Anker 767 Portable Power Station GaNPrime PowerHouse 2048Wh 01

Ankerは7月25日、メディア向けに「新テクノロジー&新製品発表会」を開催。世界初となるGaN搭載ポータブル電源「Anker 767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh)」を発表した。価格は未定。発売時期は、2022年冬頃を予定している。

Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)を上回る仕様となっており、重さも約28kgまで重量化。高品質なリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しており、業界一般に比べて約6倍の長寿命を実現している。

Anker 767 Portable Power Station GaNPrime PowerHouse 2048Wh 02

搭載ポートは合計13個。AC電源が6つ、シガーソケットが2つ、USB-Cポートが3つ、USB-Aポートが2つ用意されている。

本体に伸縮するハンドルが内蔵されており、移動の際は大型のタイヤを使い、キャリーケースのように持ち運ぶ想定となっている。

Anker新テクノロジー&新製品発表会

9本の記事を表示する
公開情報
更新日2022年07月26日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索