ARMベースのMac、早ければ2014年7月に登場する可能性?!

Arm based macs
今後発売されるMacは現行モデルよりもさらに消費電力が抑えられ、これまでにない長時間駆動が実現されるのだろうか?!


ここ最近、AppleがMacに利用しているプロセッサーをIntel製「x86」プロセッサーから自社製ARMプロセッサーに切り替えるかもしれないと報じられる機会が増えてきたが、経済日報によるとARMベースのMacは早ければ2014年第3四半期に発表されるかもしれないと報じている!思っていたよりも直近…!

そもそもなぜ「ARMベース」のMacが注目されているの?

そもそも「ARMベース」のMacはなぜ今注目されているのか。そもそも「ARMベース」とは一体どういうことなのだろうか。

IT用語辞典によると、「ARM」は「Advanced RISC Machines」の略で、「ARM Limited」という企業が作るプロセッサー製品のことを指す。Intelなどが競合にあたるが、面白いことにARM Limited自身はチップ本体の製造や販売は一切行わない。あくまでもチップの設計情報をチップメーカーに提供し、ライセンス料で売上を得ている。

ARMの最大の特徴は消費電力が少ないこと。よって、最近のスマートフォンの多くではARMベースのプロセッサーを採用していることが多い。当然、iPhoneもARMベースのプロセッサーだ。

現在Mac長いことIntel製の「x86」プロセッサーを採用しているが、今後そのようなプロセッサーがMacに搭載されるということは、冒頭でも書いた通り消費電力が抑えられることが期待でき、現行モデル以上に電池持ちが良い長時間駆動が可能なMacになる可能性があるのだ!

「Mac ARM」の試作機の存在も報じられている!

早ければ今年の7〜9月に登場するとなれば、既に試作機は用意され準備が進められていてもおかしくない。MacBidouilleによると、「iMac」「Mac mini」「MacBook」の3モデルでARMプロセッサーを搭載した試作機「Mac ARM」の存在を報じている。

  • iMac」:4コアのARM64プロセッサーを4つ、または8つ搭載
  • Mac mini」:4コアのARM64プロセッサーを4つ搭載
  • MacBook」13インチモデル:4コアのARM64プロセッサーを4つ、または8つ搭載

これらの噂の信ぴょう性は不明だが、AppleがMacのプロセッサーをARMに切り替えるということはあり得ない話ではない。「MacBook Air Retina」の話題もあることから、Macの消費電力は非常に重要な問題。今後の動きに要注目だ。

(via 気になる、記になる…

オススメ
arm-based-macs.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. amazon-go.png
    精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. YoT_JP_1_TPM.001.jpeg
    Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法