【レビュー】ランニング用Bluetoothイヤホン「BackBeat FIT」、絶賛愛用中!周囲の音も聞こえて安心

PLANTRONICS BackBeat FIT
ランニングする時はワイヤレスイヤホンが欠かせない。ただランニングするのではなく、同時にPodcastを聞くことによって時間を有効活用するのだ。

これまで使ってきたのは「SoundPEATS Q9」。コスパが高く、使い勝手が良い。


多数のワイヤレスイヤホンを使って分かってきたのは、スポーツ用イヤホンの場合、耳掛け型が好きだということ。耳に対する負担が少なく、ランニングしていても抜けづらく固定されるのが気に入っている。

今回この条件に当てはまるワイヤレスイヤホンを試すことができた。先日、AppBank Storeからランニング用Bluetoothイヤホン「BackBeat Fit」のサンプルを送って頂き、ここ数日間使ってランニングをしてみたので、付け心地や使い勝手を紹介する!

パッケージと同梱物、アームバンドになるケース付き

パッケージと同梱物をチェック

まずはパッケージをチェック。今回提供して頂いたのはレッドモデル。派手好きな僕としては目立って非常に良い。
PLANTRONICS BackBeat FIT
音楽再生は最大8時間、通話は最大6時間、最大連続待受時間は14日間となっている。なお、本体の重さはたったの24g。非常に軽量で耳に対する負担も最小限となっている。
PLANTRONICS BackBeat FIT
箱を開けてみたところ。本体の下に取扱説明書やケースが用意されている。
PLANTRONICS BackBeat FIT
こちらが同梱物一式。
PLANTRONICS BackBeat FIT

アームバンドになるケース付きだが、「iPhone 6s Plus」非対応

上記写真の1番左にあるのが専用ケース。「PLANTRONICS」のロゴが書いてあり、本体カラーと合わせたレッドのファスナーが付いている。
PLANTRONICS BackBeat FIT
ケースの中を開けてみるとなぜかゴムバンドが。よって、ケースを裏返すと……
PLANTRONICS BackBeat FIT
……スマートフォンを入れることができるケースになるのだ!まさかこのようなものが付いてくるとは!超ラッキー!
PLANTRONICS BackBeat FIT
ものもしっかりしてそうだ。カラーも派手なので目立ちそう。夜にランニングする時でも目立って良さそうだ。
PLANTRONICS BackBeat FIT
ただ、大きな問題があった。それはiPhone 6s Plus」が入らないということ。見ての通り、「iPhone 6s Plus」と並べてみるとどう見ても「iPhone 6s Plus」の方が大きい。
PLANTRONICS BackBeat FIT
一応入れてみたが、余裕で収まらない。この状態でランニングするのはさすがに危険なので、ケースとして使用することは諦めることに。残念。「iPhone 6s」で試してみたところ、ジャストフィットだった。
PLANTRONICS BackBeat FIT
では続いてようやく「BackBeat FIT」本体の外観をチェックしよう!

ボタンが多い!「BackBeat FIT」の外観をチェック

続いて「BackBeat FIT」本体をチェック!本体の外側はオレンジ掛かったレッドに覆われ、内側はグレーとなっている。
PLANTRONICS BackBeat FIT
「BackBeat FIT」はボタンが多く、操作方法を覚えるまで少々複雑だ。まず、左耳には音楽に関する操作用ボタンが用意されている。基本的には左耳で操作すると理解して問題ない。
PLANTRONICS BackBeat FIT
回って裏側には「PLANTRONICS」のロゴが。このグレーの部分は反射素材を使用しているため、夜走っている時に身の安全性を高めてくれる。
PLANTRONICS BackBeat FIT
こちらが右耳。通話に関するボタンがまとめられている。
PLANTRONICS BackBeat FIT
イヤピースはしっかりと耳にフィットするような形状になっている。
PLANTRONICS BackBeat FIT
イヤピース部分は好みに合わせて回転させることができ、フィット感を調整できる。
PLANTRONICS BackBeat FIT
本体は柔軟性かつ耐汗性に優れているため、激しい運動をしてもイヤホン本体の心配をしなくて済むのがありがたい。
PLANTRONICS BackBeat FIT
充電ポートはMicro USB。右耳側のイヤピース下に設置されている。
PLANTRONICS BackBeat FIT
充電ポートを開けたところ。爪先で簡単に開けられる。
PLANTRONICS BackBeat FIT
ところで一般的にはBluetoothイヤホンは電源ボタンの長押しによってペアリングが開始されるのだが、「BackBeat FIT」はそもそも電源ボタンらしきものが存在しない。取扱説明書をじっくり読んでみると、実は左右にある再生・停止ボタンまたは通話ボタンの上に僅かな突起があり、それがボタンになっていることを発見。写真では分かりづらいかもしれないが、「再生・停止」マークの上に実はボタンがあるのだ!
PLANTRONICS BackBeat FIT
電源のオン・オフは通話ボタンの上にあるボタン、つまり左耳から操作する。長押しでペアリングモードに入ることもできる。
PLANTRONICS BackBeat FIT
基本的に取扱説明書を全く読まずにほとんどのイヤホンを使うことができたが、「BackBeat FIT」に関してはペアリングさえもできなかった。覚えれば済む話かもしれないが、この点に関してはもう少し使いやすさを考えても良かったのではないかと思う。
PLANTRONICS BackBeat FIT
ここまで写真で「BackBeat FIT」を紹介してきたが、今回商品を提供して頂いたAppBankがレビュー動画を公開していたので、紹介する!



「BackBeat FIT」の魅力は「安全性」への配慮

ランニング時における安全性への配慮が素晴らしい

使ってみて分かった「BackBeat FIT」の魅力は音質や付け心地よりも安全性

ランニング中に音楽を楽しむことは大変結構ではあるが、周りの音が遮断されるのは極めて危険なことだ。自分のランニングに熱中するあまり周囲の状況に注意が行き届かないのは大事故に繋がる可能性がある。

その点、「BackBeat FIT」は周りの音がしっかり聞こえるように設計されているため、通常のインイヤーイヤホンよりは周りの音が聞きやすいだろう。

もちろん、周りの音が聞こえるからと言って実際にイヤホン内で流れる音がスカスカ、ということはない。ハッキリと聞こえるクリアな音質だが、恐らく外の音がしっかり聞こえるように標準の音量を全体的に下げているような印象を受けた。

本体の裏に反射素材を使用し、夜走っていても目立つように作られている点も良い。実際に夜間車を運転したことがある人であれば分かるが、暗いと人は見えづらい。夜走るのであれば目立つ色の服を着ることを前提として、「BackBeat FIT」を付けていれば反射素材のお陰で事前に運転手に気付いてもらえる可能性が高くなる。

運動をする時はこのワイヤレスイヤホンがベスト!絶賛愛用中!

使い始めた当初は耳が痛くなっていたのだが、今となっては耳が全く痛くならないどころか、このフィット感が気に入りすぎて他の運動用イヤホンが使えない体になってしまった。コードがダラダラと伸びない点や頭にピタッと引っ付く設計がとても気に入っている。

そして、安全性に念頭を置いた設計は非常に良い。最近は日中ランニングすることが多いが、夜のランニングは昼以上に様々なリスクが潜む。「BackBeat FIT」はその点をしっかりと配慮したランニング用Bluetoothイヤホンである。

会社が終わった後にランニングすることを趣味としている人は購入を検討してみてはいかがだろうか。



オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!