ネットで見かけるバナー広告をサイズやカラー、業種別に見れるバナーデザイン専門ギャラリーサイト「Retrobanner」

Retrobanner
ネットで毎日目にしているバナー広告。

昔は抵抗があった広告も、自社の製品やサービスをより多くのユーザーに届けるために様々な工夫を凝らして作られていることを知ってからは見るのが楽しくなった。

最近の広告はパーソナライズされたものが多く、自分がターゲティング対象ではないと見れないクリエティブが多いのも事実。普段目にすることのできないものも含め、ネット上で見かけるありとあらゆるバナーをサイズ別に見れるバナーデザイン専門ギャラリーサイト「Retrobanner(レトロバナー)を見つけたので紹介する!

バナーサイズ、色、業種、テイストから絞り込み可能!

Retrobanner(レトロバナー)」は単にネット上で見かけるバナー広告をまとめたサイトではない。バナーサイズ、使われているカラー、出向元の業種、クリエイティブのテイストでジャンル分けされている。

例えば、最近様々なメディアで見かけるGreenの「ちくしょう。転職だ!」という広告。

サイズは「336×280」、使われいてるカラーは「グレーブルー」「シアン」、業種は「ビジネス・サービス」、テイストは「個性的」と分類されている。

Green banner
さらにバナーデザインで使われている10色をカラーコードで表示してくれる!親切にパレットファイル(.act)のダウンロードリンクも用意されているので、バナー広告の制作をする人などは参考になるかもしれない!

Green color
日々目にしているバナー広告を1本を作るのは決して簡単なことではない。限られたスペースの中でその広告を見たユーザーに何をアピールしたいのか。さらに、クリックしてもらった先のランディングページ(LP)でユーザーにどうして欲しいのか。僕らの想像以上に様々な要因を考慮して作られているのだ。

人によっては広告の表示そのものをブラウザのプラグインなどで非表示しているかもしれないが、Retrobannerに掲載されているバナーをじっくり見ると意外と面白かったりする!

普段自分が見かけるバナー広告があるか、一度見てみてはいかがだろうか!

バナーデザイン専門ギャラリーサイト | レトロバナー

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー