学生みんなが特待生。

「Android Nougat」の「Nougat」とは?読み方は?

Android Nougat

先日、「Android N」の「N」が「Nougat」であることを正式に発表した。次期Androidバージョンは「Android Nougat」なのだ。

ところで、この「Nougat」とは一体何なのだろうか。そして何と読むのだろうか。気になったので簡単に調べてみた!

ナッツやドライフルーツのお菓子、読み方は「ヌガー」

これまでAndroidの名称は伝統的にお菓子やデザートの名前が付けられてきた。参考として「Android 1.5」からの名称を載せておく。

  • Cupcake(カップケーキ)
  • Donut(ドーナツ)
  • Eclair(エクレア)
  • Froyo(フロヨ=フローズンヨーグルト)
  • Gingerbread(ジンジャーブレッド)
  • Honeycomb(ハニコーム)
  • Ice Cream Sandwich(アイスクリームサンドイッチ)
  • Jelly Bean(ジェリービーンズ)
  • KitKat(キットカット)
  • Lollipop(ロリポップ)
  • Marshmallow(マシュマロ)

Googleは「Android N」の名前を公募し、結果的に「Nougat」となった。

「Nougat」の読み方は「ヌガー」だ。ナッツやドライフルーツを固めたお菓子の一種だそうだ。クックパッドにもたくさんのレシピが投稿されている

砂糖と水飴を低温で煮詰め、アーモンドなどのナッツ類やドライフルーツなどを混ぜ、冷し固めて作る。茶色くて固く、歯に粘りつくような食感が特徴である。

メレンゲ(泡立てた卵白)を加えて作る、軽い食感の白いヌガー(Nougat de Montélimar、ヌガー・ド・モンテリマール)もある。

via ヌガー – Wikipedia

ギフトとしても人気だが、時にはコースのデザートなどオシャレなお店でも出されることが多い「ヌガー」。「Android Nougat」自体は使ってみたいが、その前に普通にヌガーを食べてみたい。