「Android OS」と「Chrome OS」、2017年までに統合へ

Google Chrome Logo
スマートフォンタブレット向けに提供されている「Android OS」、そしてChromebook向けに提供されている「Chrome OS」。2年後、これらはついに1つになるそうだ。

The Wall Street Journalによると、Googleは「Android OS」と「Chrome OS」を2017年までに統合した新しいOSを発表すると報じている!

統合した新OS発表後も両OSは継続して提供される

この情報はThe Vergeも独自の情報筋で確認し、事実であることが判明。来年開催される「Google I/O 2016」でプレビューされるのではないかと予想される。

情報元によるとGoogleが2つのOSを統合する理由としては管理するべきプラットフォームを減らすため、と伝えている。

「Chrome OS」を搭載するChromebookはPC市場では存在感は薄いものの、コストパフォーマンスの高さから教育機関では非常に好調。このことから「Android OS」に統合するのは意外だったが、AndroidアプリをChromebookで利用できるようにするなど以前から統合に向けた動きは進められていたようだ。

先日、「iPad Pro」や「Suface Pro 3」に対抗するデバイス「Pixel C」を発表した。これは「Android OS」が動作する10.2インチ型タブレットだ。


2つのOSが統合された新OSの名称などは明らかになっていないが、統合された新OS発表後も「Android OSと「Chrome OS」は継続して提供されることが明らかになっている。将来的には大多数のユーザーが新OSに乗り換え次第、完全に1本化するのかもしれない。


(via The Next Web

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!