Google、「Pixel C」を発表!「iPad Pro」や「Suface Pro 3」に対抗

Pixel C

Googleが「Nexus 6P」と「Nexus 5X」を発表することは前々から噂されていたが、予想されていない製品も発表された。

それが「Pixel C」。この10.2インチ型タブレットデバイスの特徴は「Chrome OS」ではなく、「Android OS」が動作するということ。そして、取り外せるキーボードが用意されているということ。まさにiPad Pro」や「Surface Pro 3」に対抗する製品となっている。

10.2インチ型ディスプレイを搭載した大型タブレット

「Pixel C」はNVIDIAのクアッドコアプロセッサ「Tegra X1」と「Maxwell」GPUを搭載。最新のNexusシリーズ同様に外部ポートがMicro USBからUSB-Cに変更されている。

提供されるキーボードは本体とBluetoothで接続。本体から充電する仕組みが用意されているため、キーボードの電池切れの心配は不要だ。

面白いのはその充電方法。「iPad Pro」や「Surface Pro 3」はキーボードがカバーとして機能するが、「Pixel C」はカバーのようにディスプレイ側にキーボードを貼り付けることによってキーボードが充電される仕組みになっているのだ!これは面白い!

さらに、キーボードを使用する必要がないがタブレットとして使用したい場合はキーボードを本体裏に貼り付けることも可能。

「Pixel C」は32GBモデルと64GBモデルを用意。価格は499ドルと599ドルとなっている。キーボードは別売りで149ドル。具体的な発売時期は未定だが、ホリデーシーズンには間に合う見通し。

(via Cult Of Android

FOLLOW / 最新情報を購読