イギリスの一部大学、試験会場で「Apple Watch」を含む腕時計全般の着用を禁止へ

Tests
【img via math partners by woodleywonderworks

Apple Watch」を心待ちにしている人も少なからずいるだろう。日本では秋頃の発売と言われているが、アメリカやイギリスでは4月に出荷開始すると言われている。

ところが、まだ発売前であるのにも関わらず、既に「Apple Watch」が禁止されている場所があるようだ。イギリスの一部大学では「Apple Watch」の発売を見越して試験会場における「Apple Watch」を含む腕時計全般の着用を禁止したことが明らかになっている!

当然と言えば当然?カンニング防止対策の一環

「Apple Watch」が試験会場で持ち込むことが禁止される理由はシンプル。カンニング防止対策の一環だ。

スマートウォッチをカバンの中に入れていてもメッセージのやり取りができ、ブラウジングやメモのチェックも可能であると思われる「Apple Watch」を持ち込めばまさに最新型のカンペだ。科目によっては解けない問題は大幅に減るだろう。

ただ、なぜ「Apple Watch」だけではなく、腕時計全般が禁止されているのか。それは学生が身に付けている腕時計がスマートウォッチなのか、通常の腕時計なのかを見分けるのが大変だから。特にテクノロジーに無縁な先生や試験監督の場合、正確に判断するのは難しい。

僕が大学生の時でさえ、スマートフォンを机の上に置いて試験を置くことは当然、禁じられていた。僕らの生活に最新のテクノロジーが浸透するにつれて、試験会場に限らず教育現場も大きな変化が見られるのかもしれない。

(via 小龍茶館

もっと読むApple Watchまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読