学生みんなが特待生。

Apple、「Apple Watch」アプリの開発者を本社に招待

Apple watch and iphone 6

Apple Watch」のリリースを控えている今、Appleにとって重要なのは発売時に対応アプリが多数用意されていること。既に一部の開発者にはアプリを今月半ばまでに準備するよう要請していたようだ。

4月発売なのに2月半ばにアプリを提出。なぜそれほど急ぐ必要があったのか謎だったが、その理由が少しずつ見えてきた。9To5Macによると、Appleは「Apple Watch」アプリの開発者を本社に招待し、アプリの仕上げをサポートや実機によるテストを行っていると報じている!

Apple Watch」はデベロッパーにとって「絶好のチャンス」になる

Appleは2月中に100組以上のデベロッパーに対してワークショップを実施するなど、「Apple Watch」のリリースに向けて万全の状態を目指しているようだ。招待されている開発者はスポーツ関連から仕事効率化関連までと非常に幅広い模様。

「Apple Watch」は「Apple Pay」にも対応しているため、「Apple Pay」に関するアプリを開発するパートナーとも打ち合わせをしているとのこと。アメリカの銀行だけではなく、ドイツやカナダの銀行とも話を進めているとのこと。アメリカ国外で「Apple Pay」が利用できるようになる日は近そうだが、日本に関しては未だに何の話も無い。辛い。

さて、実際に多数のデベロッパーがApple本社に出向き実機でアプリを試しているということは、人よりもいち早く「Apple Watch」の実機に触れる機会が与えられているということ。デジタルクラウンは「really nice(とても良い)」という人もいれば、Force Touchは「慣れるのに時間が必要(takes time)」という人もいるようで、感想は様々だ。

ただし、共通して「Apple Watch」のエコシステムは素晴らしく、絶好のチャンスになるという見解を示している。これは「Apple Watch」の機能が限られているため、つまり、「必要だが無い機能」「あるべきだが無い機能」をデベロッパーが開発することができるからだと言う。

取り扱いは直営店とオンラインストアに限定し、最上位モデルには特別な金庫を用意。4月に日本国内で販売されないのは極めて残念ではあるが、これほどAppleが気合いを入れているとなるとやはり発売日に手に入れたい欲が高まってきたな…困ったな…。

(via 9To5Mac