「Apple Watch」、発売後同時期比で初代iPhoneよりも関心があると判明

Apple Watchと共に生活して分かったこと

この世で初めて新製品が出てきた時のユーザーの反応は様々。初代iPhoneと初代iPad、そして今年発表された「Apple Watch」に対し、人々はどの程度関心があったのだろうか。

Business Insiderが公開したモルガン・スタンレーの調査によると、発売後同時期比で比べた場合、「Apple Watch」の方が初代iPhoneよりも関心度が高いことが明らかになった!

発売後6週間の時点では「Apple Watch」の方が人気

発売開始時点においては初代iPhoneの方が「Apple Watch」よりも圧倒的に人気だった。それもそのはず。あのSteve Jobs氏による歴史的なプレゼンと共に登場した「iPhone」には到底叶わない。調査結果によると初代iPhoneに対して「Apple Watch」の関心度は5割前後だったようだ。

Apple Watch Demand
【img via Cult Of Mac

ところが発売開始から4週間後を堺に「Apple Watch」の人気が高まっている。このことから「Apple Watch」の方が支持されているという見方もできるが、発売直後に大量の在庫があった初代iPhoneを異なり在庫に限りがあった「Apple Watch」は発売開始からしばらくしても関心はあるのではないか、とモルガン・スタンレーは分析している。

購入を検討していて「Apple Watchって実際どうなの?」という人は以下の記事を参考にどうぞ!

【レビュー】「Apple Watch」をつけて生活してみて分かった13のこと

【レビュー】買うべき?「Apple Watch」と共に生活して分かったこと

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!


(via Cult Of Mac