Apple Music、米国の有料会員数でSpotifyに逆転した可能性

米国だけではなく世界でも「Apple Music」の成長率は2.4〜2.8%となっているが、「Spotify」は2〜2.3%

Apple Music VS Spotify 2

Apple Music」が米国における有料会員数で「Spotify」を上回ったWSJが報じている。

逆転は2019年2月に起きた模様。「Apple Music」に2,800万人の米国有料会員が登録していたのに対し、「Spotify」は2,600万人だったという。

成長率が好調、米国以外のマーケットでも追い抜く可能性も

米国における「Apple Music」の好調が報じられたのは今回が初めてではない。昨年7月、「Apple Music」のユーザー数が「Spotify」のユーザー数を逆転したとDigital Music Newsが報じていた。

WSJも同年2月には夏までに追い抜く可能性を指摘し、「Apple Music」の新規ユーザー獲得率は「Spotify」を上回っていると伝えていた。今回の情報によると、「Apple Music」は2.6〜3%のペースで増えているのに対し、「Spotify」は1.5〜2%に留まっているという。

成長が確認できているのは米国だけではない。全世界で見た場合においても、「Apple Music」の成長率は2.4〜2.8%となっているが、「Spotify」は2〜2.3%となっているとのこと。そのため、米国以外のマーケットでも「Spotify」を追い抜く可能性が出てきている。

今回報じられているのはあくまでも有料会員数であり、両サービスの無料ユーザー数は含まれていない。「Apple Music」は3ヶ月の無料トライアルを提供しているのに対し、「Spotify」は広告付きの無料サービスを提供。

そのため、無料・有料の両会員を合わせたユーザー数は引き続き「Spotify」の方が多いと考えられる。

(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「音楽サービス」新着記事
トレンド検索