Apple、Shazamの買収を完了し、広告を非表示にすると発表

Apple Shazam app

Appleは米国時間9月24日、世界で最も人気があり、高く評価されているミュージックアプリケーション「Shazam」の買収が完了したことを発表した。

Shazamのダウンロード数は世界で10億回以上

Appleは2017年に「Shazam」を買収。2018年4月にデジタル音楽市場の競争を妨げる可能性があるとして調査が行われたが、今月前半に正式に承認した伝えられている。

「Shazam」のダウンロード回数は全世界で10億回以上となっていて、毎日2,000万回以上、「Shazam」アプリを使用して曲の認識が行われている。

音楽認識におけるイノベーションの先駆者として「Shazam」は、人々がデバイスやメディア上で、ビデオ、オーディオ、プリントされたコンテンツを、発見、利用、共有するのをお手伝いし、音楽ファンが好きなアーティストをフォローして、新たな情報を発見する感動を共有できるようにするとのこと。

Appleは近日中に「Shazam」の広告が表示されずに利用できるようすると発表している。

あわせて読みたい