nanaco、Apple Payに対応 物理カード取り込みの注意点など

iPhoneはiOS 15以上、Apple WatchはwatchOS 8以上へアップデートが必要

Nanaco apple pay

nanano公式サイトよりキャプチャ

セブン&アイ・ホールディングスの電子マネー「nanaco」は10月21日、Apple Payへの対応を開始した。iPhoneやApple Watchへカードを登録すれば、専用リーダーにかざすだけで決済が完了する。利用条件として、iPhoneはiOS 15以上、Apple WatchはwatchOS 8以上へアップデートが必要となっている。

取り込み可能な物理カードは虹色デザインのnanacoカードのみ

虹色デザインのnanacoカードであれば、iPhoneをカードにかざすことで残高やポイントが引き継がれる。ただしカードの取り込みを行うと、nanaco番号が変更されるため、セブンカード・プラスでチャージ(nanacoクレジットチャージ/オートチャージ)は引き継がれない。また「セブン‐イレブンアプリ」「イトーヨーカドーアプリ」「デニーズアプリ」などのセブン&アイグループアプリにnanacoをご登録している場合は、変更手続きが必要になる。

虹色以外のデザインのカードまたは手元にカードがない場合、nanacoアプリから新規登録・再発行する必要がある。

オートチャージは、nanacoアプリにクレジットカードを登録しておくことで利用可能。チャージ金額は、5,000円から、1,000円単位で設定できる。

詳細は公式サイトを確認してもらいたい。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Pay」新着記事
トレンド検索