Appleはどうしても「iPad Pro」はコンピューターだと思ってほしいみたい

And a Computer

僕としては「iPad Pro 2018」にMacの使い勝手を求めるのは間違っていると思っている。

iPad Pro」は所詮iOSデバイス。いくらハードウェアが進化してもソフトウェアがボトルネックとなり、ハードウェアのポテンシャルを活かしきれていないように感じる。USB-Cポートも対応アクセサリが増えたことを除き、基本的にはLightningと仕様が同じ。

ただし、Appleはあくまでも「iPad Pro」はコンピューターになると思っている模様。

「iPad Pro」がコンピューターになり得る5つの理由

Appleが公式YouTubeチャンネルで「5 Reasons iPad Pro can be your next computer」を公開し、「iPad Pro」がコンピューターになり得る5つの理由を解説している。

その理由は下記の通り:

  • 大多数のコンピューターよりもパワフル。
  • 多機能。スキャナー、カメラ、編集デバイス、メモ帳、映画鑑賞、音楽スタジオ、本、そしてコンピューターになる。
  • LTEがあればどこでも通信可能。
  • 簡単なジェスチャー操作。
  • Apple Pencil」との組み合わせでさらにい便利に。

Appleは嘘を付いていない。「iPad Pro」は多くの人によって「コンピューターができること」を十分に満たしてくれるデバイスだ。

ただし、「iPad Proがコンピューターの代わりになる」と期待する多くの人はMacのような使い勝手を求め続けているように感じる。少なくとも今は無理だ。「iPad Pro 2018」にMacの使い勝手を求めるのは間違っているのだ。

「iOS 13」で何か変わるかもしれないが、何も変わらないかもしれない。

あわせて読みたい