Appleが公開したiPad Proのプロモ動画、撮影・編集・音楽制作まですべてiPad Proで行われていた

A New Way to Go Behind the scenes editing

Appleは先日、iPad Proの使い方や活用方法を紹介するプロモーション動画を5本公開を公開してた。iPad Proの2018年モデルで利用できる様々な機能や便利な使い方を紹介する内容となっていて、様々なサードパーティアプリなども紹介されていた。

実はこれらの動画はすべてiPad Pro(2018)で完結していた。撮影、編集、アニメーションの用意、BGM制作を含む、動画制作の過程をすべてiPadで実現していたのだ!

プロモ動画ができるまでのメイキング映像が公開

この動画がすべてiPad Pro(2018)で作られていたとは、正直驚いた。「iPhone XR」のカメラ性能をアピールする新しい縦向きのプロモ動画も十分すごかったが、本格的な動画もここまで作り込むことができるとはすごい。

動画の撮影は「Filmic Pro」を使用し、「Luma Fusion」を使って編集。文字が入る部分はなんと「Keynote」で実現し、アニメーションは「Core Animator」を使用。動画に素敵さを演出するBGMは「GarageBand」で作られているそうだ。

思わず「うわ、マジか!」と声が出てしまったメイキング映像。BGMまでiPad Pro(2018)で仕上げたのは本当に衝撃的!以下どうぞご覧あれ!

関連キーワード
カテゴリAppleテレビCM
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「AppleテレビCM」新着記事
トレンド検索