【悲報】iPhoneやiPadアプリの方がAndroidアプリよりも高頻度でクラッシュすることが明らかに!

App Store
iOS 7」と「iOS 7.1」、クラッシュしすぎ?!

Crittercismが実施した調査によると、先日リリースされた「iOS 7.1」はAndroidよりもクラッシュする頻度が高いことが明らかになった!

Androidの方が全体的に安定している?!

10億人のモバイルユーザーから得た調査結果によると、「iOS 7」のクラッシュ頻度は2.1%、「iOS 6」に至っては2.5%という悲惨な結果が報告されている。「iOS 7.1」はこれまでリリースされたiOSバージョンの中で最も低い1.6%という結果になった。

一方、Androidはクラッシュ頻度が非常に低いようだ。特に「Android 4.4 KitKat」や「Android 4.1 Jelly Bean」は0.7%に抑えられている。

Crash
僕は未だに「iPhone 5s」を使っていて突然クラッシュする現象に見舞われている。調査結果でも明らかになっている通り、明らかに「iOS 7」「iOS 7.1」に何か問題がありそうなので、次会アップデートでこそ原因を解明して対応してもらいたい!

(via Boy Genius Report

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法