Android Pay、国内でサービス提供開始へ

UI for Android Pay Japan

GoogleAndroidスマートフォン用のデジタルウォレット「Android Pay」を日本国内で提供開始したことを発表した

楽天Edyと提携しているため、国内のビックカメラ、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ヨドバシカメラなど、国内47万以上の楽天Edy対応店舗で「Android Pay」による支払いが可能になっているとのこと。

Android Pay Partner Logo

「Android 4.4 KitKat」以上のNFC対応端末で利用可能

「Android Pay」は「Android 4.4 KitKat」が動作するNFC対応スマートフォンで利用可能。アプリをダウンロードし、アカウント設定を済ませれば使い始めることができる。入金はクレジットカードからもしくは楽天Edy対応店舗からの直接入金に対応。

支払いはスマホを電子マネーリーダーにかざすだけで完了する。購入履歴が確認できる他、楽天ポイントカードの情報もアプリ内に追加することが可能。

あくまでも楽天Edyがカード無しで利用可能になっただけに過ぎず、「Apple Pay」のように改札を通ることもできないが、2017年にはフェリカネットワークスとの連携によりAndroid Payに対応する電子マネーの種類も増える予定だと発表。

三菱東京UFJ銀行、Visa、Mastercardなどの企業との協力によってお気に入りのアプリからの「Android Pay」チェックアウトも利用可能になるとのことなので、今後のサービス拡大に期待しましょう!