アメリカ在住のiOS・AndroidユーザーはゲームアプリとFacebookだけで毎日約1時間半も費やしているらしい

Kids playing with iphone
【img via iPhone play by tinkerbrad

スマートフォンにせよ、タブレットにせよ、一番時間を費やしているのはゲームらしい!

Flurryが実施した、アメリカ在住のiOSまたはAndroidユーザーを対象に実施された調査結果によるとスマートフォンタブレットを利用している時間を合計すると毎日2時間42分になると発表している!このうち、86%にあたる2時間19分はアプリを利用残りの14%はモバイルブラウザでウェブブラウジングをしているそうだ!

ユーザーがよく利用しているアプリジャンルが明らかに!

この調査結果は2014年1月から2014年3月に掛けて実施された内容。

1日にスマートフォンまたはタブレットを3時間弱利用しているアメリカ在住のiOSまたはAndroidユーザーだが、気になるのはその時間でどのようなアプリを利用しているのか。調べによると、アプリを利用している時間のうち32%の時間はゲームアプリ、17%の時間はFacebookアプリとなっている。つまり、ゲームとFacebookがアプリを使っている時間の半分を占めている、ということになる。

Flurry time spent android ios

僕が日々ハードユースしているTwitterはたったの1.5%、夜欠かさず見ているYouTubeも4%。ただ、その他エンタテインメント系アプリと同等の割合というのは特筆するべきかもしれない。

ブラウジングは全体で14%となっていて、細分化するとSafariが7%、Google Chromeが7%その他のブラウザが残り2%となっている。それぞれを割合を見ると、やはりスマートフォンやタブレットにおいては、これからの時代はウェブではなくアプリが主導であることは間違いなさそうだ。

(via The Next Web