小洒落たペットボトルのコーヒー「CRAFT BOSS」が飲みやすくていい感じ

Craft Boss Coffee

自宅でコーヒーを飲む機会が増えた今日この頃、最近ハマっているのが小洒落たペットボトルのコーヒー「CRAFT BOSS(クラフトボス)」。ブラックなのだがあっさりしていて飲みやすいのだ。

下記がテレビCMなのだが、見たことがある人も多いのではないだろうか。僕はこれがクラフトボスのテレビCMだと知らずに見ていた。


後味の苦味や雑味のない、”澄みわたるコク”を実現

上記テレビCMでは時間が経つごとにクラフトボスの残りを紹介している。どうやらこれは「働く人の相棒」として「ゆっくりと飲み続けられる」ことをアピールしたものとなっていて、僕自身も気に入って飲んでいる理由の1つだ。

BOSSは25年培った職人技を注ぎ込み、「コクがあるのに後引するような苦味や雑味がない”澄みわたるコク”」を目指した。パッケージにもこの「澄みわたるコク」を強調。実際に飲んでみると言葉通りの味わいを再現することができているように思える。

Craft Boss Coffee

このコクを実現するために200工程を超える焙煎・抽出・調合の工程数を行うほど手間をかけている。豆にもこだわり、開発者自ら産地に行き、結果的に5種類の個性と特徴を持ったコーヒーをブレンドしたものがクラフトボスとなっている。

個人的にはボトルも気に入っている。手に馴染みやすく握りやすいのは新開発のオリジナルペットボトルを採用しているから。”澄みわたるコク”のお陰でちびちび飲んでも美味しく飲み続けることができるからこそ、ペットボトルそのものの外観や持ち心地は重要だ。

酒の銘柄に関しては無知な僕だが、見た目がちょっと高級なお酒のボトルに見えるのは僕だけだろうか。

Craft Boss Coffee

「クラフトボス ブラック」は4月4日から発売中で、500ml入りで税別160円。6月13日にはクラフトボスシリーズの第2弾として「CRAFT BOSS LATTE(クラフトボス ラテ)」が登場。手間を惜しまず仕上げたコーヒーに、厳選した国産牛乳と北海道産の生クリームを合わせ、甘すぎずすっきり飲みやすい”やさしいコク”を実現したという。価格は170円を予定。

Craft boss debut

缶コーヒーよりも割高だが、ちびちび飲んでもずっと美味しいコーヒーなのでランチ後にコンビニで購入し、退社時にまだ残っていても蓋を閉めて家に持って帰って飲んでも美味しい。

僕はまいばすけっとで買ったがコンビニで売っていると思うので、コーヒー好きの皆さんは是非買ってみるべし!

サントリー コーヒー クラフトボス ラテ 500mlペット×24本
サントリー (2017-06-13)
売り上げランキング: 38,722
あわせて読みたい