Google、ページの表示速度をモバイル検索のランキング要因に

Google Search iPhoneX 01

Googleは2018年7月以降、ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを発表した。これまでデスクトップ検索では表示速度をランキングシグナルの1つとして使用されていたが、モバイル検索にも適用されると正式に発表された。

このアップデートをGoogleは「Speed Update」と呼び、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しないという。ページ制作に使用された技術は関係なく、すべてのページに同じ基準を適用される。

ただし、検索意図は依然として非常に強いシグナルとして扱われるため、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合がある、と説明している。

ページのパフォーマンスを評価するために使用できるリソースとして、Googleは「Chrome のユーザー エクスペリエンス レポート」「Lighthouse」「PageSpeed Insights」の使用を提案している。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「SEO」新着記事
トレンド検索