Google、日本語の検索アルゴリズムを改善ーー「低品質なサイトへの対策」

Google seo algorithm 01

2017年2月3日、Googleウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えたことを明らかにし、日本語の検索アルゴリズムが一部変更されたことを発表した。具体的には「低品質なサイトへの対策を意図」とし、旅行情報の「RETRIP」や商品情報の「KAUMO」を筆頭とした一部キュレーションメディアが影響を受けると見られている。

この新しいアルゴリズムの結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが上位表示されるようになる見通し。反映されるまで時間が掛かる可能性は高く、今後対象サイトが広がる可能性が高い模様。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

SEO専門家の辻正浩さんによると、Googleが日本発で検索アルゴリズムの発表を行うことは「非常にレア」だという。それほど低品質サイトの上位表示がされているという事実を問題視していたということなのだろうか。

実際に影響を受けたと思われるサイトなどは下記記事で紹介されているので、どうぞご覧あれ。

もっと読むSEOまとめ
あわせて読みたい