おじいちゃん、電車で席を譲られた際に取った行動がパワフルすぎると話題

Super Grandpa Gymnist

電車内で年寄りを見かけたら席を譲る。これはもう人間として常識であり、最低限のマナーではないかと思う。

……と断言しつつも、実は場合によっては席を譲ると怒られてしまうこともあるらしい。「まだそんなに年を取っていない」「そんなに老けてみるのか」など。人は難しい生き物だ。

さて、現在リオ五輪が開催されているブラジルには国外から多くのサポーターやファンが駆けつけている。19歳のBritton Barker君も例外ではなく、おじいちゃんであり熱烈な五輪ファンである68歳のWayne McEntireさんとともに現地で観戦。混みあった電車の中で若きブラジル人男性に席を譲られた際にMcEntireさんが取った行動が話題になっていたので、紹介する!

凄すぎ!身体を地面と水平に保つパフォーマンスを披露

McEntireさんはなんと電車の手すりを両手で握り、まるで鯉のぼりのように身体を地面と水平にして保つパフォーマンスを披露!え、これって体操選手ぐらいしかできないんだと思ってた……。

念の為に確認だが、McEntireさんは現在68歳。どのようにして年齢を一切感じさせないパフォーマンスを披露することができるのだろうか。

ABC Newsによると、同氏は毎日トレーニングをしているとのこと。軽いウェイトで高レップ数を重ねているとのこと。

五輪観戦が大好きなMcEntireさんは4年後の東京五輪も来る予定とのこと。機会があれば話してみたいな!

(via Mashable