本気でAppleが好きなら、自分の子どもが生まれた時にはこうやって報告するべきだ

How Apple Fans Introduce Babies 【img via The Next Web

Andreas Kleinkeさんは元Apple社員。めでたいことにJonathan Henry君という男の子が生まれた。

自分の子どもが生まれたら自分の家族はもちろんのこと、身近な友達や職場の同僚などにいち早く伝えたいはず。そこで、KleinkeさんはJonathan Henry君の写真を撮って画像を作ったのだが、仕上がった作品があまりにもApple愛に溢れているYahoo Techに取り上げられて話題になっている。

上記の画像に何か見覚えはないだろうか。実は、Appleの「iPad mini」の商品ページと再現しているのだ!クオリティが高すぎる!

iPad mini page 【img via Apple – iPad mini Retinaディスプレイモデル

子どもへの愛もAppleへの愛も溢れてる!すごい!

上記の画像だけでも素晴らしいが、仕様ページを模倣した画像がとにかくユーモラスで見ていて思わずニヤけてしまう。

Jonathan Henry君の高さ(身長)は520mm、重さ(体重)は3900g。予め”インストール”されているアプリは「iEat(食べる)」「iSleep(寝る)」「iPoop(おトイレ)」「That it(そう、それ!)」の4つ。アイコンまで作られていて可愛らしい。
How Apple Fans Introduce Babies 【img via The Next Web

最も注目すべきところは「Operating System」。「Non-Android(Androidではない)」とあえて書いているところが元Apple社員らしくて良い。

商品説明に書かれている英語も「iPad mini」の商品説明と変わらない素敵な表現が使われている。「And the centrally placed loudspeaker will simply blow you away, with maximum volume going all the way up to 120dB(中央に配置された最大120dBの出力を可能とするスピーカーには驚かされるだろう。)」というのが個人的に一番ニヤけてしまった。
How Apple Fans Introduce Babies 【img via The Next Web

ちなみに対応キャリアは「Mom and Dad(お父さんとお母さん)」であるとのこと。秀逸すぎる!

もし、あなたが大のAppleファンを自称するのであれば、自分に子どもができた時にAndreas Kleinkeさんのように発表してみてはいかがだろうか!

(via The Next Web

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった