「iOS 12」のシェア率、ついに8割を突破

IOS12 Share

全iOSデバイスのうち、5台中4台は最新のiOSが動作しているようだ。

Appleが開発者向けのサポートページで発表した数値によると、2019年2月24日時点における「iOS 12」のシェア率は80%であることが明らかになった。過去4年間(2014年9月以降)に発表された端末に絞り込んだ場合、その割合は83%以上だという。

これまでのシェア率の推移は下記の通り:

前回測定時と比較し、「iOS 11」を使っていたユーザーがそのまま「iOS 12」に移行していることが伺える。詳細は分からないが、「iPhone XR」の値引きなどもあり、「iOS 11」が動作するiPhoneから買い替えて最新バージョンになったというユーザーも一定数いるのではないかと推測している。