iOS/iPadOS 15.4やmacOS Monterey 12.3のBeta 4、開発者向けに配信開始

iOS 15.4ではApple Watchなしでマスク着用時のFace IDが解禁、112種類の新しい絵文字も追加へ

Daniel korpai wWZ57knMQY8 unsplash

Appleは2月23日、iOS 15.4 beta 4」「iPadOS 15.4 beta 4」「macOS 12.3 beta 4」「tvOS 15.4 beta 4」「watchOS 8.5 beta 4」「Xcode 13.3beta 3」を開発者向けに配信開始した。

iOS 15.4の最新ベータ版では、AirTagを悪用したストーキングへの対策が含まれており、米国ユーザー向けに声の種類が追加され合計5種類になっている。Bloombergによると、iOS 15.4はiOS 15の最後の大型アップデートになるという。Appleは「iOS 16」を含む各種OSを、6月開催のWWDCで披露する見通しだ。

iOS 15.4では、Apple Watchなしでマスク着用時のFace IDが解禁。ロック解除だけではなく、Apple Payなどすべての機能がマスク着用状態で利用可能になった。新たに112種類の絵文字、iCloudキーチェーンにメモ機能、ショートカット実行時の通知オフなどが追加されている。

iPadOS 15.4とmacOS Monterey 12.3ではユニバーサル・コントロールが登場し、1台のキーボードとマウスで複数デバイスを行き来できる。iPad用Magic Keyboardのキーボード輝度を調整できる機能も登場した。

今回配布された各OSのビルドナンバーは下記のとおり。

  • iOS 15.4 beta 4 (19E5235a)
  • iPadOS 15.4 beta 4 (19E5235a)
  • watchOS 8.5 beta 4 (19T5238a)
  • macOS 12.3 beta 4 (21E5222a)
  • tvOS 15.4 beta 4 (19L5436a)
  • Xcode 13.3 beta 3 (13E5104i)

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索