iOS/iPadOS 15.4やmacOS Monterey 12.3のRC版、配信開始

来週中に正式リリース予定

2021 Appe OS Public Beta Program

Apple Beta Software Programより

Appleは3月9日、iOS 15.4 RC」「iPadOS 15.4 RC」「watchOS 8.5 RC」「macOS 12.3 RC」「tvOS 15.4 RC」を開発者向けおよびパブリックベータプログラム登録者向けにリリースした。

RC版(Release Candidate)は「リリース候補版」を意味し、従来のGM版(ゴールデンマスター)に値する。ビルドに問題がなければ、正式バージョンとして一般公開される。

今回配布された各OSのビルドナンバーは下記のとおり。

  • iOS 15.4 RC (19E241)
  • iPadOS 15.4 RC (19E241)
  • watchOS 8.5 RC (19T242)
  • macOS 12.3 RC (21E230)
  • tvOS 15.4 RC (19L440)
  • Xcode 13.3 RC (13E113)

iOS 15.4の最新ベータ版では、AirTagを悪用したストーキングへの対策が含まれており、米国ユーザー向けにSiriの声が追加され合計5種類になっている。Bloombergによると、iOS 15.4はiOS 15の最後の大型アップデートになるという。Appleは「iOS 16」を含む各種OSを、6月開催のWWDCで披露する見通しだ。

iOS 15.4では、Apple Watchなしでマスク着用時のFace IDが解禁。ロック解除だけではなく、Apple Payなどすべての機能がマスク着用状態で利用可能になった。新たに112種類の絵文字、iCloudキーチェーンにメモ機能、ショートカット実行時の通知オフなどが追加されている。

iPadOS 15.4とmacOS Monterey 12.3ではユニバーサル・コントロールが登場し、1台のキーボードとマウスで複数デバイスを行き来できる。iPad用Magic Keyboardのキーボード輝度を調整できる機能も登場した。

関連キーワード
公開情報
更新日2022年03月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索