iPhone 14 Pro、バッテリー残量警告の表示もDynamic Islandへ移行

邪魔な通知は”ダイナミックに島流し”

Low Battery on iphone14pro dynamic island

MKBHDよりキャプチャ

iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Maxでは、バッテリー残量が20%以下になった際に表示される警告画面が、ノッチの代わりとなったDynamic Island上に表示される。MKBHDことMarques Brownlee氏が公開した、iPhone 14 Proの先行レビューで明らかになった。

これまでのiPhoneは、「閉じる」または「低電力モード」の2択を迫られる「バッテリー残量低下」のポップアップが画面全体を覆う。Dynamic Islandに表示されることで、ゲームプレイや動画再生中でも警告画面で手を止める必要がなくなるだろう。

発売時に対応するシステム関連通知は28種類

MKBHDの動画によると、iPhone 14 Pro/Maxは発売時に28種類のシステム関連通知をDynamic Islandに対応。Face ID、Apple Pay、ショートカットの実行、着信、タイマー、パーソナルホットスポットなどの情報などが含まれているという。

Dynamic Ilsand compatible system alerts
発売時点での対応システム機能 = MKBHDよりキャプチャ

Dynamic Islandはシステム関連通知やApple純正アプリだけではなく、サードパーティアプリも活用できる。Mac OTAKARAによると、nowPlayingInfoまたはCallKitを利用する一部アプリが対応する可能性が高いと指摘。Spotify、Amazon Music、SoundCloud、LINE、Messenger、Instagram、WhatsAppなどのアプリは対応しているそうだ。

Dynamic Islandは年内リリース予定のiOS 16.1で、リアルタイムの出来事を確認できる「ライブアクティビティ」機能の実装で、さらにパワーアップする予定。観戦中のスポーツ試合やタクシーアプリの配車状況などを、画面上部で確認できるようになる。

(Source: MacRumors

公開情報
更新日2022年09月23日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:639659)

    dynamic islandでインカメラ周りをタップする機会が増えそう。
    ビデオ通話利用者は要注意。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索