iPhone 15 Pro、昨年より値上げか

通常モデルにProモデルの機能を盛り込むことで、価格を変えずに”お得感”をアピールする狙いか

Jeremy bezanger 3w0wsVnCE84 unsplash

2023年の新型iPhoneのProモデル(iPhone 15 Proシリーズ)は、iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Maxよりも高い価格設定になる可能性がある。Weiboの投稿によると、Appleは通常モデルとProモデルの差別化を行うために、「iPhone 15 Plus」と「iPhone 15 Pro」の価格差をさらに広げるという。

また通常モデルの「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」はノッチからDynamic Islandへの移行に加えて、iPhone 14 Proシリーズに採用された4,800万画素のメインカメラを搭載する可能性を指摘している。

iPhone 14 Plusは899ドルから、iPhone 14 Proは999ドルから、iPhone 14 Plusは1,099ドルから購入できる。Proモデルは2017年の登場以来「999ドル」を基準に価格設定を行ってきた。情報が事実だとすれば、初めて”暗黙のルール”を破ることになる。

iPhone 14 Plusは「外的要因で予想できる売上低下を遥かに下回る売れ行き」と見られている。「iPhone 15 Plus」は価格帯を下げることで販売台数に繋げる狙いも考えられるが、Appleは価格を変えずにスペックをProに寄せることで”お得感”をアピールする戦略も検討しているのだろう。

(Source: MacRumors

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2023年01月11日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索