ダウンロードされたiPhone・iPadアプリの26%は1回限りの命

itunes

4本に1本とか…少なすぎる…。

iPhoneやiPadでダウンロードされたアプリのうち、4本に1本は一度しか使われないそうだ


下記がLocalyticsによる2010年5月から2010年8月までの統計データである。

iphone app usage

上記を平均すると、ダウンロードされたアプリのうち、26%が一度起動して二度と起動されないアプリとなってしまうことが分かる。これを取り上げていたApp Adviceでは、iOS向けにアプリを作る時はユーザーの第一印象はかなり重要だ、と結論づけている。初期リリースをした段階で、バグが無いか、急に落ちたりしないか、快適にアプリを使うことが出来るかをしっかり確認しておかなければ、ダウンロードしてもらっても、二度と起動してもらえない可能性がある。

ただ、悲観的になりすぎるのもよくない。裏を返せば、ダウロードされたアプリのうち、4本中3本は2回目も起動される。よほど出来が悪く無い限りは何回か起動してもらえるようだ。

ただ、毎日数えきれないほどのアプリがリリースされていて、マーケットが飽和しつつあるのも事実。一度ダウロードしてもらってから何度も起動してもらえるよう、初期リリース時の完成度の重要性には変わりがなさそうだ。

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索