【どっちだよ】「iPhone 6」のメモリ(RAM)は1GBになるとは限らない?!

iPhone 6のRAMはなんと1GBのまま?!

先日、「iPhone 6」のメモリ(RAM)は1GBになるかもしれないと伝えた。ショックだった人も多いだろう。僕もショックだった。「いくら何でもメモリ1GBなんて…少なすぎる…」と思ったのは僕だけではないはず。

そのもととなっていたのは上記の図面だが、9To5Macによると記載されていた「1GB」はメモリのことではないと指摘している!

起動用に使われるNAND型フラッシュメモリを指している?!

SOC(System-on-a-chip)エンジニアTodd DeRego氏によると、冒頭の図面はNAND型フラッシュメモリの回路図であるとコメント。つまり、そもそも僕らが1GBより増えて欲しいと願っているRAM(=DRAM)の図面ではなかったようだ。

そもそも、DRAMの図面であるためには回路が足りず、あらゆるところに記載されている「AP_TO_NAND」と書かれたテキストはファームウェアを起動するために使われるメモリであることを意味するそうだ。

とりあえずメモリが1GBではあるという噂は一旦無かったことにしても良さそうだ。メモリが2GBになれば今よりもTwitterもFacebookもあらゆるゲームも快適に動作するはず!さあ、来い!

(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読