学生みんなが特待生。

「iPhone 5s」は「iPhone 5/5c」に比べて2倍の確率でアプリがクラッシュしやすいという調査結果が発表!

iPhone 5Sの公式ページ

iPhone 5s」を使っているとたまにアプリが落ちてしまう、という人はいないだろうか。

Crittercismの調べによると、iPhone 5s」は「iPhone 5/5c」に比べて2倍の確率でアプリがクラッシュしやすいという調査結果を発表している!

原因となっているのは「iPhone 5s」の「A7」チップ!

興味深いのは、クラッシュ率に関しては同時期に発売された「iPhone 5c」は「iPhone 5」と変わらないということ。これは「iPhone 5c」が「iPhone 5」同様の「A6」チップを搭載しているため、「iPhone 5」で正常に動作することが確認できれば「iPhone 5c」も同様に動作する可能性が高い。

一方、「iPhone 5s」は64ビットプロセッサー「A7」チップに加え、「M7」コプロセッサーも搭載している。Appleもすべてのアプリをリリースまでにテストすることは現実的にできないため、頻繁にアップデートを配布することによって上がってくるバグや報告されるトラブルに対応しているようだ。近々「7.0.3」が配布される模様。

ちなみに「iPhone 5s」ではブルースクリーンが表示されるというバグも報告されている。64ビットプロセッサーとなり性能が向上したことは喜ばしいことだが、事前にテストできないためしばらくは様々なバグや動作不良が報告されることが予想される。

僕自身も「iPhone 5s」を使っていると突然電源が落ちて再起動するなどの症状が比較的頻繁に起こっているが、初期ロットだから仕方がないと思うようにしている。同じようなことで悩んでいる人がいたら次のアップデートが来るまで気長に我慢しましょう。

(via 9To5Mac