Appleは「iPhone 6/6 Plus」のカメラが突起していることを、実は隠したい?!

Iphone6 camera

【img via Apple

iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」には “デザイン上の欠陥” と言われている箇所がある。それはカメラが突起していること。これまでのiPhoneとは異なり、カメラのレンズが本体からわずかに突起しているため、平面に置くと傾いてしまう。

ただ、Apple Online Storeを見ると…なぜか突起していない。このことに気がついたのはブロガーBen Brooks氏。確かにカメラに注目している写真以外の写真はカメラの突起が目立たないようになっている

カメラレンズの突起はAppleにとって妥協のデザイン?

Appleはラインの美しい製品を好む。突起していることも好まず、ラインが乱れない曲線を描くボディを重要視してきた。

冒頭の画像にある右上の写真を見て分かる通り、真横から見たら間違いなく見えるはずのレンズ部分がなぜか写っていない。これは恐らくPhotoshopで加工したというよりも、絶妙な光の当て方によって明るさで飛ばしていると思われる。

Appleの製品写真が撮影されている、手の込んだ撮影環境については以前記事に取り上げたので、以下からどうぞ!

個人的にはカメラのレンズが突起していることがネガティブなことだとは感じてはない。ケースを付ける人にとっては正直重要ではない。また、様々な通知を受ける人は、周りの人に見られない用にするためにはディスプレイ部分を下向きにして机の上に置くだろう。

デザインとしては惜しい気もするが、使う上では問題なさそう。Appleもカメラレンズが突起していうことを恥じることなく、堂々と見せれば良いさ!

(via Cult Of Mac