「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」チップ、メーカーによってサイズが異なることが判明

Chip size

【img via Chipworks

「A9」チップはSamsungとTSMCによって製造されていると発売前から噂されていたが、やはりその2社によって最新モデルの高性能プロセッサが開発されているようだ。

Chipworksの調べによると、iPhone 6s/6s Plus」に搭載されている「A9」チップはメーカーによってサイズが異なることが明らかになった!

Samsung製とTSMC製によってサイズに違いが発覚

需要に応えるために複数のメーカーを利用するのはAppleの常套手段ではあるが、両社は異なる技術を採用。Samsungは14nmプロセスを採用しているが、TSMCは16nmプロセスを採用している。

その結果、異なるサイズのチップセットが完成。Samsung製の「APL0898」チップは96平方ミリメートルであるのに対し、TSMC製の「APL1022」チップは104.5平方ミリメートルとなっている。

気になるのはSamsung製とTSMC製で「iPhone 6s/6s Plus」の性能に差があるのかどうか。今後Chipworksはそれぞれを搭載した端末でベンチマークテストを実施し、性能を比較する予定だ。

「iPhone 6s」、カメラの実力は?歴代iPhoneの写真サンプル比較が公開

「iPhone 6s/6s Plus」、2GBのRAM搭載によってブラウジングが超快適に!旧機種と比較した動画が公開


(via MacRumors