macOS Ventura

New

iOS/iPadOS 16やmacOS VenturaのBeta 2、開発者向けに配信開始

macOS Venturaの概要

WWDC22 2022 Keynote 5166

macOS 13 “Ventura”は、WWDC22で正式発表されたMac向けのOS。2022年秋に一般公開を予定している。

ステージマネージャは、開いているアプリケーションとウインドウを自動的に整理して確認しやすくする新機能だ。Mission ControlやSpacesなどウィンドウ管理ツールと連係する。

連係カメラは、iPhoneをウェブカメラとして使用できる。近くにiPhoneがある場合、iPhoneのスリープ解除や選択をしなくても、MacはiPhoneのカメラを自動的に認識する。

Spotlightはナビゲーションが改良され、ファイルをすばやくプレビューできるQuick Lookに対応した。検索結果には、アーティスト、映画、俳優、テレビ番組、ビジネスやスポーツに関する情報も表示されるようになった。

iOS 16やiPadOS 16で実装されている共同写真管理機能「iCloud共有写真ライブラリ」、メッセージアプリの送信取り消し・編集など新機能、メールアプリの送信予約など新機能、Safariの共有タブ機能など、パスワードに代わる認証システム「パスキー」などは、macOS Venturaでも利用できる。

「システム環境設定」は「システム設定」に生まれ変わりUIも大幅変更。緊急のセキュリティアップデートは、Mac本体を再起動しなくても適用できるようになった。

macOS Ventura注目の新機能

ステージマネージャ

WWDC22 2022 Keynote 4315

ステージマネージャは、開いているアプリケーションとウインドウを自動的に整理して確認しやすくする新機能だ。ユーザーが作業している現在のウインドウは中央に目立つように表示され、ほかの開いているウインドウは左側に表示される。

Mission ControlやSpacesなどウィンドウ管理ツールと連係し、タスクやプロジェクトごとにウインドウをグループ化することで、作業内容に応じて切り替えやすくなる。

連係カメラ

Apple WWDC22 macOS Ventura Continuity Camera lifestyle 220606

Macの内蔵カメラ画質に不満?新機能「連係カメラ」を使用すれば、iPhoneをウェブカメラとして使用できる。近くにiPhoneがある場合、iPhoneのスリープ解除や選択をしなくても、MacはiPhoneのカメラを自動的に認識する。

連係カメラを使用することで、センターフレーム、ポートレートモード、背景を暗くしてユーザーの顔を美しく照らすエフェクトである新しいスタジオ照明などが利用できる。またiPhoneの超広角カメラを利用して、ユーザーの顔とデスクを上から見たところを同時に表示する「デスクビュー」も実現する。

Handoffの連係

Apple WWDC22 macOS Ventura FaceTime Handoff 220606

macOS Venturaでは、FaceTimeがHandoffに対応した。iPhoneやiPadでFaceTime通話をしてから、1回クリックするだけでMacにその通話を移動できる。

Safari

macOS VenturaのSafariでは、友達、家族、同僚がSafariで自分のお気に入りサイトを共有できる「共有タブグループ」が利用できる。共有スタートページでブックマークのリストを作成したり、Safariからメッセージでの会話やFaceTime通話を開始したりできる。

パスキー

Apple WWDC22 macOS Ventura Safari Passkey 220606

またより安全で、使いやすく、パスワードに代わるものとして設計された次世代の認証情報である「パスキー」が実装されている。

パスキーは生体認証にTouch IDまたはFace IDを使用し、シンプルかつ安全なサインイン方法を実現。iCloudキーチェーンを使ってエンドツーエンドの暗号化を行いながらMac、iPhone、iPadそしてApple TVの間で同期される。

パスキーはアプリケーションとウェブ全体で機能し、他社製デバイスでも、iPhoneを使ってウェブサイトやアプリケーションにサインインできる。

メール

Apple WWDC22 macOS Ventura Mail search 220606

メールアプリは、iOS 16とiPadOS 16と同様に検索機能を強化。検索ボックスをクリックするだけで、最近のメール、連絡先、書類、写真などが表示される。メールの送信予約、送信後の取り消し、添付し忘れの検知、返信のないメールに対するフォローアップの提案が追加されている。

メッセージ

メッセージアプリには、最近送信したメッセージの編集や取り消しをしたり、メッセージを未開封にしたり、誤って削除したメッセージを復元したりできる機能が加わる。

Spotlight

Spotlightには、ナビゲーションが改良された新デザインに進化。ファイルをすばやくプレビューできるQuick Lookに対応した。

検索機能が強化され、写真ライブラリ・システム全体・ウェブ上から、場所・人々・風景・被写体で写真を探し出せる。「テキスト認識表示」機能を利用することで、画像の中のテキストも検索できる。検索結果には、アーティスト、映画、俳優、テレビ番組、ビジネスやスポーツに関する情報も表示されるようになった。

Apple WWDC22 macOS Ventura Spotlight photos 220606

さらにタイマーの作成、新しい書類の作成、ショートカットの実行等の操作もSpotlightから行える。

iCloud共有写真ライブラリ

iCloud共有写真ライブラリは、家族間の写真共有が楽になる新機能。最大6人のユーザーが共同作業したり、追加したり、楽しむことができる、個人のものとは独立したiCloudライブラリだ。

その他の機能

天気アプリと時計アプリの最適化

iPhoneの天気アプリケーションと時計アプリケーションが、iPhoneの機能すべてを搭載してMac向けに最適化された。

「テキスト認識表示」と「画像を調べる」

一時停止したビデオフレーム内のテキストと、韓国語と日本語のテキストに対応した。また、「画像を調べる」の認識機能は、動物、鳥、昆虫、彫像、その他のランドマークまで対象を広げた。

システム環境設定は「システム設定」に

システム環境設定は「システム設定」にリニューアル。iPhoneやiPadの設定アプリに似たデザインになった。

スピーディーなセキュリティ対応

再起動しなくても簡単にセキュリティを最新の状態に維持する。

macOS Venturaの対応機種

  • MacBook(2017以降)
  • MacBook Air(2018以降)
  • MacBook Pro(2017以降)
  • iMac(2017以降)
  • Mac Pro(2019以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac mini(2018以降)

macOS Venturaのダウンロードとインストール

「macOS 13」はWWDC22で正式発表された後、開発者向けベータ版やパブリックベータプログラム向けパブリックベータ版などを経て、秋に一般公開されるのが通例だ。

開発者向けのベータ版は基調講演の直後に配信開始。パブリックベータ版は例年、開発者向けのBeta 2と同時にリリースされるが、今年は7月頃のリリースになる。

iOSとiPadOSは9月リリースが一般的だが、macOSは10月または11月のリリースが多い。同時期に新型Macの発表および発売が行われる傾向がある。

「macOS Ventura」新着記事

トレンド検索