ドコモ、日本初のドローン向け新料金プラン「LTE上空利用プラン」の提供を開始

利用場所、日時、台数、高度などを事前に予約できる「LTE上空利用予約」もセットで提供

David henrichs 72AYEEBJpz4 unsplash

ドコモは7月8日、ドローン向け月額49,800円(税込)で上空におけるLTE通信を月間データ容量120GBまで利用できる新料金プラン「LTE上空利用プラン」を提供開始した。またプラン契約者がドローンを利用の際に、利用場所、日時、台数、高度などを事前に予約できる「LTE上空利用予約」もセットで提供する。

上空におけるモバイルネットワークの利用は、地上で利用する電波への干渉を避けるため、電波法による監理のもと限定的な利用となっていた。しかし関係省庁や企業団体等による官民協議会が提唱する「空の産業革命」の実現に向け、上空での送信電力制御や、上空で利用する周波数帯の限定などを条件に、2020年12月に上空におけるモバイルネットワーク利用を拡大する制度が整備された。

LTE通信が可能なセルラードローンを利用すれば、目視外での長距離飛行やリアルタイムのデータを伝送できる。広範囲の農薬散布や生育監視、遠隔地への長距離物流、災害発生時における遠隔地のリアルタイム映像伝送など、さらに幅広いシーンで活用することが可能になる。

ドローンを用いて上空でモバイルネットワークを利用することが可能となる料金プランの提供は国内で初の事例だ。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索