Twitter、動画広告「Promoted Video」を正式に発表!

Twitter testing video advertisements 【img via Twitter Blogs

本日、Twitterは公式ブログにて動画広告サービス「Promoted Video」を発表した!


動画広告は「Twitter Amplify」プログラムの一環として提供され、出稿主は動画をアップロードし配布するために必要なツールが用意されている模様。もちろん、コンテンツの効果測定するツールも可能だ。

建前上は「よりリッチで魅力的なタイムラインを作り出すため」

Twitterは動画広告の最終的な目的として「よりリッチで魅力的なタイムラインを作り出すため」だと発表している。

【関連】The overall goal is to bring more video into our users’ timelines to create a richer and more engaging Twitter.

この件について、The Next Webはバッサリ否定。動画広告の導入によって収益の底上げが目的だと指摘する。もし現状よりもタイムラインに動画が投稿されるようにしたいのであれば、他にやるべきことはあるはず。ユーザーではなく広告主と開発を進めている時点でTwitterの「最終的な目的」は建前だと思ってしまう。Twitter、残念!

Twitter Video Ads 【img via Twitter Blogs

とは言え、タイムラインで動画を見ることができるのは間違いなくTwitterをさらに楽しくする。僕だけかもしれないが、僕のFacebookフィードで動画を見かける頻度は確実に上がっている。動画に注目し、収益に繋げる仕組みを率先して提供するのはビジネスとして正しい戦略かもしれない。

何を隠そう、僕はFacebookよりもTwitterの方が好きだ。2014年第2四半期の決算発表は上々だったようなので、この先も右肩上がりの成長を続けてもらいたい。

(via 【img via Twitter Blogs

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった