Google、通信サービス「Project Fi」を正式に発表!複数キャリアの通信網やWi-Fiを自動的に切り替え

Project Fi
昨年から何度も噂になっていたGoogleの新サービスがついに発表された

本日、Google通信サービス「Project Fiを発表した!アメリカ在住の「Nexus 6」限定のサービスではあるが、魅力的なテクノロジーが詰まったサービスとなっているとなっているので、紹介する!

年契約縛り無し、キャリアの自動切り替えに対応

Project Fi」は基本使用料20ドルに加え、1GBごとに10ドル支払う仕組み。7GBを契約すると90ドル掛かる計算だ。もちろん、日本の通信キャリアが当たり前のように提供している2年縛りなんていうものは無い。シンプルで分かりやすいが、モリモリ使う人にとっては少し割高かもしれない。

Google Project Fi
ただ、「Project Fi」の良いところはデータ量の繰り越しに対応している点。余ったデータ量は100MB/1ドルで次月に繰り越し使用することができる。

Google Project Fi
魅力はまだまだある。1枚のSIMカードでSprintとT-Mobileの通信ネットワークを速さに応じて自動的に切り替えることができる。Wi-Fi有効時には対応エリアにある100万箇所以上のホットスポットに自動接続し、最も快適な通信環境を実現。全てのデータはGoogleのゲートウェイを経由する仕組みとなっているため、セキュリティ面でも安心だ。

旅行する人にとっては物凄くリーズナブル。120ヶ国以上の国で利用でき、料金はアメリカ国内の料金と同じSMS無制限、国際SMS無制限、国際通話も低価格で提供される。

SMSでコミュニケーションを取る人にとっても従来のキャリアに比べて大きく利便性が向上しているのはWi-Fi接続時でもSMSの送受信が可能になったということ。3G/LTEネットワークとWi-Fiネットワークをシームレスに切り替えることができるのは素晴らしい。

まずはアメリカ在住の「Nexus 6」ユーザー限定のサービスとなっているが、今後対応国、対応端末は増えるのだろうか。なお、「Project Fi」はインバイト制。該当者はこちらからどうぞ



(via The Next Web

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!