Amazon、偽造品の撲滅を目指す「Project Zero」を日本でも開始

偽造品対策も大事だと思うが、荒れ果てて無法地帯化している偽造レビュー・不正ランキング操作対策も本腰を入れてもらいたい

Amazon projectzero

Amazonは10月9日、偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」を日本でもスタートすることを発表した。

2019年の初めに米国および欧州(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)でスタートしたこのプロジェクトは、Amazonの高度なテクノロジーやイノベーションに加え、ブランドやメーカーが保有する知的財産権に関する知見および自社商品の偽造品を検知するための情報を組み合わせて開発。

すでに国内で試験運用は開始され、パナソニック、アイリスオーヤマ、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、アイロボット、川崎重工、タカラトミー、ダダリオなどが参加しているとのこと。

このプロジェクトでは世界中のAmazonで毎日更新される50億件を超える商品情報を継続的に自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を検知する「自動プロテクション機能」、ブランドが偽造品の疑いがある商品をAmazonのサイト上から削除できる権限が付与される「セルフサービスの偽造品削除ツール」などが提供される。

また、2020年前半には自社商品の製造および発送の過程で固有のコード(シリアルコード)を発行し、そのコードによってAmazonで販売される1つ1つの商品の真偽を精査し、確認するサービスが用意されるとのこと。

「Project Zero」は現在、招待制。Amazonは「今後より多くのブランドにご登録いただけるよう取り組んでまいります」と説明している。

偽造品も問題だが、Amazonはレビュー欄における信憑性の低さが異常。現状では無法地帯になっていることから、いい加減対策をしてもらいたいところだ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Amazonニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索